Skip to content

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟について

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟について

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟とは多くの方にお花の価値を伝えるため全国の生花教室の運営を支える為色々な方面からサポートをしている企業です。

平成4年から東京を中心に活動を始め、名古屋・大阪・東北から九州と全国でも活動を行うようになってきました。

平成8年からヨーロピアンフラワーデザイン連盟と正式に名称を登記して、生徒様向けに情報紙の第1巻や自動音声出欠システムなどをスタートしました。

また、平成9年に九州の事務所を開設しました。

平成16年にはブーケ作りの基礎から挙式・披露宴会場の装飾が学べるブライダル教室を開講し、同じ年にはインストラクター登録のシステムをスタート、翌年にはヨーロピアンフラワーデザイン連盟のテレビCMを関西圏で放映を始めました。

させました。

また平成18年にはヨーロピアンフラワーデザイン大賞を開催しました。

平成22年にはモダンフラワーアートとして学べるいけばな教室でフレキシブルコース、アドバンスドコースを開口しました。

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟を調べてみた

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟を調べてみました。

スクーリング事業として全国のフラワー教室の運営、それにともなって各フラワー教室へノウハウの提供、また経営指南や業務の委託を行っているとの事です。

また、現在では全国に4800あまりの教室と87000名程の背いとさんがおられるのだとか。

教室運営のサポートやコンサルティング、教室運営教材・家財・資材等の提供や技術検定、販促物定期刊行物等の発刊、各種勉強会の開催も行っています。

通信講座事業も行っていて趣味で楽しむコースでは自宅でもフラワーアレンジメントが学べ、花のプロを目指す資格取得コースでは本格的にお花の仕事のスキルを身につけるコースになっているようです。

通信販売事業では花材や資材、ギフト等のオンラインショッピングにも対応しているようです。

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟調べてみると色々分かりました。

もっと調べてみて私も活用してみようと思います。

Categories: .